‘久しぶりに逢った親戚の女の子がいつの間にかオンナになっていた’ような感覚…ブランド品や化粧には興味がない無邪気な18歳美少女。クリクリの瞳とアヒル口。屈託ない笑顔と不思議そうな眼差しで、自分のカラダをまさぐる男の顔を見つめ、今までの彼氏や同級生とは違う大人の男の愛撫に「恥ずかしい…」と覚えたての快感に戸惑いながら身をゆだね、敏感に全身をくねらせる若く正直なカラダ…。