変態男の標的になった美人妻「憂」は催眠術を掛けられてしまう。メス犬になる暗示によってリビングで強制放尿。喜んで他人の精子を膣内に受け入れてしまう。見ず知らずの配達屋を全裸で迎え入れチ●ポをしゃぶり、夫のすぐそばで他人のチ●ポによがり狂う…最愛の夫がいるにも関わらず催眠という禁断の快楽に溺れていく…。
犬としてかけられた淫猥な暗示の前に貞淑な若妻は成す術もなくゲス間男の身勝手な欲望と肉棒を受け入れる!
引退から9ヶ月経た今月、電撃復活を遂げた麻倉憂ちゃん。この吉報に喜んだ殿方は多いはず。そんな彼女の復帰第2弾は人妻設定のドラマものであります。ある日、不運にもストーカー気質の変態男の標的になった若妻・憂ちゃんが、とあるきっかけで催眠術をかけられ、淫乱メス犬と成り下がり、不貞と禁断の快楽に溺れてしまう、という物語。「3・2・1」というベタなセリフの後、すぐさま暗示にかかり犬と化し「ワン!」と笑顔で発する憂ちゃん。男の指をペロペロと愛おしそうに舐め、言われるがまま、居間で全裸ガニ股放尿という容赦ない羞恥プレイが序盤から飛び出します。その後は「オシッコ見せたのだからもう何も恥ずかしいことはないよねっ」とばかりに美裸体を弄ばれ、激ピストンのコッテリ中出し姦へ。その後も操られるがまま、偶然やってきた配達員に玄関先で即尺したり、疼く下半身を抑えきれず旦那の側でコッソリ玩具オナニーに耽ったりと淫乱度が加速する憂ちゃん。この変態女っぽい目つきにもクラッと来てしまいます。そしてクライマックスはもちろん夫の目の前での不貞行為なのですが、バレて修羅場に…という泥沼の展開は期待しちゃいけません。しかしここで注目すべきは果たして憂ちゃんは本当に催眠下にあるのか、それとも実はかかったフリをしているのか…ここは是非ご覧になって検証して頂きたいところ。本当に「コワイ」のは催眠術をかけてまで女体を組み敷こうとする男なのか、それとも快楽を貪る若妻なのか…どう捉えるかは見ているアナタ次第かも。とにもかくにも復活を遂げ、ロリからイイ女へと変貌する麻倉憂ちゃんの演技と瑞々しい美裸体は存分に堪能すべし。 (月刊DMM – アケミン)

Leave a Comment